若きオストメイトの交流の場

平成21年7月12日(日)13時30分より、東京支部主催の「若いオストメイト交流会」が、東京都障害者福祉会館にて開催されました。
 その会に、神奈川支部からは、30代2名、40代2名、まだ会員にはなっていないオストメイト40代1名と、私61歳の計6名が出席しました。
 若い男性グループ、女性グループ、シニア男性グループでの情報交換がなされ、結婚前のオストメイトは、どの様な方法で、周囲の人に伝える時期は・・・などの話も出ていたようです。
 これを機会に、神奈川支部でもこのホームページで、仮称「若きオストメイトの交流の場」を開設しましたので、情報交換をして下さい。良いネーミングをお待ちしています!!

それと、一度近くで皆さん集まってみましょう!!
 近々、相模大野あたりでお茶会でも計画したいと思います。
どしどし意見をください。ホームページのメールでも、電話、お手紙、何でも結構です。お待ちしています。(事務局:須田)

7月12日の開催に向けて、会員の皆さんに答えていただいた、困っていること、悩んでいること、顔をだしてみたいと思う交流会について下記にまとめてみました。
このことについても、情報をお待ちしています。
困っていること・悩んでいること
@ 疲れ、ストレス、過労、暑さなどで、すぐに脱水になり、点滴が必要になる事がしばしばなので、怖くて外の仕事に踏み出せない。(現在は内職)
A フルタイムではなく、力仕事以外の短時間のパートの探し方。活用度の高い資格。
B 就職する際、採用時にオストメイトであることの伝え方。
C 4月から、使用しているコンバティック製品の価格がかなり上がり、経済面で不安があります。他社に切り替える方法があると言われても、適不適があるものなので、すぐ実行出来ません。
D 仕事が生鮮食品なので、衛生面で人から見られる。(人から注目される。)
E 風呂に入るのに困っている。
F 手足のシビレが有り、前の健康の時のように歩けない。
G 金がかかる。(治療に)
H 1年ほど前から左手親指付け根の関節炎で整形外科にて治療しています。今後、手が使えなくなったら・・・と、心配になることがあります。今から気にすることもないかも知れませんが・・
顔を出してみたいと思う交流会は?
@ この様な工夫で漏れなくなった、外出先で漏れた時は、・・・仕事をしている・・・・等
同じオストメイトの体験に根ざした生活上の知恵など。
A 年金、社会保障、年をとってからの制度、施設などの知識が得られる交流会。
B 年齢層が近いこと。同世代の方々との交流会。近場で同世代が集まれればいいですが・
C 同年代の方が多く集まる催し。食事会等。
D 少数の集まりで、料理教室やお菓子作りでティータイムというのはどうでしょうか。
E 色々のことでコミュニケーションを取りたい。
(気持ちを+志向にしたい。)(障害者であることの悔しさ)
F 近いところ
交流会
平成21年7月12日(日)開催された。
パンフレット


トップページへ

更新日:2009年7月20日